ペット火葬について目黒区を検証

コッカースパニエルを火葬

目黒区にはまだペット火葬会社や霊園等は存在せず、他の最寄りの区にあるペットの葬祭業者が出張する事になりま弊社「うたたね」においてもペット火葬での出張範囲となっており、お伺いさせて頂く事が出来ます。

目黒区内からのご依頼はとても多く、リピーターのお客様もいるので夜の遅い時間帯でもご家族の元に訪問させて頂いております。

TEL:0120-978-517

 

目黒区の区役所ではペットの引き取り行っているようですが、通常の火葬会社のようなペット火葬後のご返骨等は無く、清掃事務所の引き取り後に焼却となります。

但し原則25kgのペットとなり、これを超える場合には清掃事事務所にご確認頂く必要があります。

また、霊園での希望のペット火葬をご希望の場合には最寄りの区に城南ペット霊園があり、目黒区内に在住の方であれば比較的距離も近く行き易い場所にあると思います。

こちらの霊園では学校で飼育している動物や野生動物のペット火葬までを行っております。また獣医師会とも関係があり、定期的に講師を招いて講演なども行っており、学校への教育に関する部分にも力を入れているようです。

また、納骨堂や合同供養もありペットちゃんを火葬後に埋葬した場合にはお参りも出来るようになっております。

ペット火葬時に棺を利用したい場合には、エコ棺という段ボール素材ではなくアクリル系素材の商品も取り扱っております。この棺はペット保冷で来るのが特徴で、可燃性素材の為でそのまま火葬をする事が出来るようです。

最近では、元々が人間専門のお寺であった場所にペットの埋葬や火葬まで出来る設備を設けている所が増えてきております。

ちょうど、ペット火葬車が比較的飼い主にとって一般的になってきた頃から、このようなお寺が増えてきているように感じております。ひと昔前では一般的でない、人間と同じお墓にペットのお骨を埋葬するという霊園等がある所を見ると、いかに現代においてペットが私達の生活で大切なのかを考えさせられます。

ひと昔前は自宅のお庭に埋葬してた方も、今ではペット火葬の会社に依頼している事が多く、ペットを人間と同等の方法で供養してあげる考え方が根付いてきている事を感じんております。

 

コッカースパニエルを火葬