新宿区のペット火葬で悪徳業者に不安を持つ方

悪徳ペット火葬業者が新宿区へ

弊社は新宿区でペット火葬を専門としている葬儀社ですが、今回は悪徳業者について心配される方へ情報をお伝えさせて頂きたいと思います。

悪徳ペット火葬業者について10年位前には酷い話がございましたが、その時、実際にそれらの悪徳火葬会社に依頼をしてしまった、新宿区在住の弊社のリピーター様についてお話させて頂きます。

当初その依頼主様が弊社「ペット葬儀うたたね」に依頼をしてきた理由は、弊社にて実際にペット火葬を経験した事のある、友人の方からの紹介だったとの事でした。

私自身がその新宿区の依頼主様のご自宅にお伺いさせて頂いた時、若干心配そうにされていた事を記憶しております。

一番は料金ついてでしたが、弊社では火葬料金以外のオプション品については別途の料金になりますが、ペット火葬料金についてはお電話でお伝えした料金以外に絶対にかからない事をお伝えしておりました。

その新宿区の依頼者様がどのような経験をされたかと申しますと、その悪徳ペット火葬業者は女性と男性の2名で訪問したそうですが、ペットを荼毘に付している最中に料金が20万円かかる事を伝えたそうです。

当然ながら話が違うと言ったそうなんですが、全く聞き入れず、新宿区の警察を呼ぶ事態に発展したとの事。

通常であれば、それで20万円物料金を支払わずに済みそうですが、悪徳ペット火葬業社はその事について詳しかったのでしょう。なんと、警察はその料金の事について介入出来ないと言ったそうです。

依頼者様はその場で何時間も火葬料金についてやり取りをしたところ、悪徳ペット火葬業者は最初20万円で提示した料金から細かく値切って来たそうです。

最終的には一般的な火葬料金よりも相当に高い値段を支払う必要があったらしいのです。しかも、ネコちゃんのお骨を何日も返してもらえず、後から少しだけ返骨してもらえたそうなのですが、本当に自分のペットのお骨かどうかまでは判らないと言っておられました。

後になって、考えてみれば、そのペット火葬会社の二人の服装は身なりがあまりにも異様であったようです。

何故「ぼったくり」というものが日本に多く存在するのか理解出来たような気がしました。警察を呼んでも意味は無く、料金を支払いたくなければ、正式に裁判を起こさなければならないと言う事を警察から伝えられるだけなのです。つまり料金が高額であっても支払わなければならない事が多くなるという事です。

「ぼったくり」をしてくる悪い人間が強気なのはこれが理由のようです。

そのリピーターの依頼主様においては、弊社新宿区の「うたたね」ではネコちゃんを5回程ペット火葬させて頂いており、安心して頂いているようです。

世界でも平和な日本で、人々は平和ボケしてしまっている事が多くあるかもしれませんが、ペット火葬料金に限らず、他の事で依頼する場合や何かしらのサービスを受ける場合でも、しっかり料金を確認するべきでしょう。

私自身、今までにアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、メキシコ、東南アジアなど24ヶ国に長期間滞在した経験がありますが、他国では必ず料金を正確に確認する必要がありました。さもなければ、料金を支払う段階で高額な料金を請求される可能性があるからです。

 

悪徳ペット火葬業者が新宿区へ