目黒区で亡くなったペットの葬儀を行う時

ペット葬儀を目黒区にて行う

目黒区で家族として飼っているペットとの別れはいつか必ず来ます。いざその時が来た場合、突然の事から慌ててしまい、どのようにすれば良いか混乱してしまうものでしょう。ペット葬儀に依頼する必要性がありますが、愛するペットが亡くなったとき飼い主として何をすべきかを知っておくことも大切です。

葬儀会社が訪問する前にペットとのお別れの準備をします。体が硬くなってしまう前に体勢を整えたりブラッシングをしたりして、綺麗にしてあげると良いでしょう。

ペットちゃんの口や鼻やお尻の穴から体液が出てしまうこともありますが、弊社ペット葬儀うたたねのホームページにも処置方法が掲載されておりますので、きちんと拭いてあげる事、夏場はもちろん冬場でも暖かい部屋に安置するときは保冷剤などをタオルに包んで、ご遺体に当てておくと良いでしょう。

最近は犬や猫などのペットを家族の一員として考えている目黒区の人も多く、人間と同じような形式にてペット葬儀をする方が増えております。

葬儀については通常は斎場や移動火葬車によるペット葬祭会社に依頼出来るのと、普通の寺院でお経をあげてもらったり自宅に住職を招いて行ったりする方法もあります。

葬儀を行うためにはペット葬儀専門の葬祭場や寺院に設けられた動物霊園などの施設を利用します。合同葬儀については他のペットちゃんと一緒に荼毘に付すので、ご返骨となりますので、立会によるお骨上げなどはございません。

葬儀を行った後のお骨は他のペットも眠っている共同墓地などに納められることになります。

目黒区の民間業者を利用しての個別ペット葬儀は、業者によってさまざまなスタイルがありますが個別に荼毘に付す為、基本的には立ち合いや骨を拾い上げることもできます。

遺骨を引き取ることができるのが最大の利点です。合同葬儀よりも費用は上がりますが、人間と同じ様な形式でペット葬儀を行う事が出来ます。地方自治体での火葬は市町村ごとにやり方が異なります。

大きく分ける市区町村の廃棄用焼却炉での焼却、ペット専用炉での葬儀等があります。合同が基本ですが、自治体によっては遺骨を返してくれるところもあります。料金が安いのが特徴になっています。

納骨する方法については、他のペット達と合同で納骨するタイプや人間と同じようにペット葬儀後に個別に納骨するスタイルがあります。

ペット葬儀を目黒区にて行う