文京区にある霊園と小動物の例

ノルウェージャンフォレストキャット
文京区のペット霊園について

ペットワールド六義園は東京都文京区本駒込にあり、完全ヨーロピアンスタイルを基調としており、ペット火葬から、納骨、埋葬まで行われているペット霊園となります。

内装は結婚式場を思わせるような雰囲気を持ち、納骨堂や椅子やその他の内装に至るまで、洗練された完全なヨーロピアンスタイルとなりますが、袈裟姿の住職による合同法要等も定期的に行っているようです。

入口ドア付近にも陶器製の犬の置物があり、こだわりを感じさせます。こちらの注目すべきところはヨーロッパ風の納骨堂にあるようです。

ご家族の希望により、ペット火葬の際にはヨーロッパ風の装飾のある室内にて袈裟姿の住職による個別供養も行っているところは、日本の伝統的スタイルとヨーロッパ風スタイルをミックスした独自のペット火葬のセレモニーと言えるのかもしれません。

また、インターネット霊園としてヘブンズペットと提携しており、インターネットでのペット供養も出来るようです。

ペットの葬儀について、特に宗派や宗教の違い等について区別をする事があまり無い為、ご家族様の意思により決められるのが良いとされております。

実際に出張させて頂いた時に、ご家族様がクリスチャンであれば、お線香を上げない場合がおおくあり、一番重要な事はペット火葬の会社として、お客様のご意向を一番に尊重させて頂いております。

弊社においてはそのような方の為に、骨壺を包む覆い袋を洋風でも対応出来るような素材の物を用意しておりますので、ホームページを確認の上でお申し出ください。

色は光沢のある白とピンクがありサイズに関係なくオプションとして税込み1,080円でご提供させて頂いております。

文京区において、ペット火葬の訪問については、弊社ペット葬儀うたたね本部において文京区と新宿区の中間地点に位置している為、移動ペット火葬のご用命の際には、多くの飼い主様よりご依頼を頂いております。

 

 

文京区でのフェレット等の小動物のペット火葬例

文京区にて小動物のフェレットのペット葬儀を行わせて頂い時のお話になりますが、フェレットちゃんを荼毘に付させて頂きました。

その時のフェレットのペット火葬のお時間、わずか20分程しかかからず、過去最短時間でペット葬儀が終了致しました。

ペットちゃんの状態によって時間は大幅に違う事があります。例えば痩せている場合には脂肪分が少ない為、燃焼せず、時間が大幅にかかる場合が多く、逆に肥満気味の場合には良く燃焼する為、葬儀時間が非常に短時間になる場合が多くございます。

その事が理由により、弊社にて、体重が許容内の場合であっても、非常に肥満である場合等は、異常燃焼により、炎が排気口から出る場合がある為、電話でのお問合せの段階、出張葬儀をお断りさせて頂く場合も稀にございます。

今回のフェレットちゃんのような小動物のペットちゃんの場合には、葬儀後に残ったお骨が小さい場合が多いので、炉に納めて頂く時には専用のプレート内に寝かせて頂いております。こちらの文京区の依頼者様にて最後に綺麗にお骨上げまでして頂きました。

小鳥やハムスターにおいても同様で、ペット火葬の際に金属プレートに寝かせて頂く事により、ご遺体が小さい場合でもほぼ全てのお骨がプレート上に残りますので、おきゃさく様によるお骨上げも出来るのです。

弊社では過去に多くの小鳥やハムスターのペット葬儀を行わせて頂いておりますが、小動物のペットちゃんの場合、比較的大きなお骨のみを骨壺に納めて頂き、後は弊社スタッフにて、専用のブラシで全てにお骨を骨壺に納めさせて頂いております。

ペット葬儀依頼のお問合せの段階で小動物のお骨が残るかどうかのご質問を多く頂きますが、しっかりと残りますので、ご安心下さい。

過去に熱帯魚のペット葬儀の経験がありますが、火葬に熟練したスタッフであれば、魚でさえも綺麗にお骨を残す事が出来るのです。

疑問点や質問については弊社まで気軽にお問合せください。

文京区のペット火葬は弊社にて承っております。

ノルウェージャンフォレストキャット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です