浦安市におけるペット火葬事情

ペット火葬を浦安市

小鳥などの小型のペットが亡くなった場合には、ペット火葬会社に依頼したり自宅の敷地内に墓をつくって埋葬することも出来ますが、犬や猫などの大型のペットの場合は特別な対応を考えなければなりません。

千葉県浦安市の場合には、このようなペットが亡くなった場合、公設のペット火葬炉で荼毘に付す事が出来るようになっております。

この場合ですが、浦安市のクリーンセンターに直接持ち込みをする対応と、ペット専用搬送車やすらぎ号を依頼後に後からペット火葬をする等の選択が可能です。

いずれも手数料が発生しますが、やすらぎ号での出迎えのほうが高額に設定されています。

以前ではペットが亡くなッた場合に市役所に頼むと、正式に火葬をする事は無くに物の一種とみなされ、ぞんざいな扱いを受けており、クリーンセンターでの焼却処分となっていましたが、市民からの投書などもあって、現在は変わりまして火葬などを行うようになったようです。

しかし浦安市役所にペット火葬を依頼する場合した場合には、原則として遺骨は返還されず、火葬後には動物慰霊碑の下に合祀される取り扱いとなります。

浦安市にお住まいの方でペットを長年、家族の一員として大切にしていたのであれば、遺骨の返還を受けてきちんとした墓地に埋葬したいと考える場合は、専門のペット火葬を請け負っている会社がありますので、こうした民間のサービスで火葬を利用する事も出来るので、そのような場合においてはベストな選択であると言えます。

ペット火葬会社のサービスにもいくつか種類やプランがあり、人間と同様に火葬の後で飼い主の一家で骨上げをしてペット霊園に埋葬するパターンから、遺体の引き取り以降は会社のスタッフに一任して、火葬から散骨や合同慰霊葬などで済ませるパターン等のの種類がございます。

料金に関しても会社ごとにまちまちですが、基本的に民間の場合にはペットの体重に比例して火葬の金額を変えているケースが多くなっています。そのほかには骨壷のグレードやペット火葬後の対応の仕方などによっても金額は異なります。

ペット火葬を浦安市