昭島市のペット火葬で手厚く供養

昭島市のペット火葬で供養する

昭島市でペット火葬を行う場合にはご家族においての「立会」、葬儀社が家族の代わりに行う「個別一任」、火葬後に多くのペット達と一緒に埋葬する「合同埋葬」の3種類があります。

立ち合い火葬では霊園や斎場によっては、まず家族同席の下、僧侶の読経供養を行い個別にペット火葬をする場合もございますが、昭島市にお住いの方は情報について確認すると良いでしょう。

火葬が終わった後にはご家族自身にて骨壺へお骨上げが出来ますが、その際に家族の希望により繰り上げ初七日法要も可能です。納骨堂やペットの霊園もありますが自宅へ返骨もできます。

個別でのペットの火葬についてはご返骨にお時間がかかる場合もあります。僧侶による供養を行いスタッフが家族の代わりにペット火葬・収骨まで行うので家族の立ち合いは含まれませんがご返骨が可能です。

合同埋葬はお引取のみでペットの火葬後に埋葬のみ行いたい場合には安心して任せられます。気持ちを整理するために埋葬したい家族の思いを大切にしたペット火葬の方法となります。

他家の遺体と一緒に合同で火葬し合同供養塔へ納骨します。費用を抑えたペット火葬ですが家族の立ち合いや返骨は出来ない事を理解する必要があるでしょう。

また動物供養の霊園としては慈恵院が有名ですが、ペットの種類や大きさとしては特小1kg未満ハムスターから45kg以上の超大型犬のセントバーナード等もペット火葬の対象となっており、大きさや火葬の種類によって料金も異なっている様です。

ペットが亡くなったらまずは毛並みを整えてまぶたや口を閉じ、硬直が始まる前に前肢・後肢を胸の方へ優しく折り曲げてあげるとよいでしょう。

そして、真夏等には非常に気温が高くなるので、ペット火葬前に遺体の傷みが早くなる場合がありますので、涼しい場所に寝かせてあげ、保冷材などをペットちゃんのお腹の辺りを重点的に使用してあげると尚良いと思われます。

なお昭島市では飼い犬の死亡届が必要で市役所にて電話受付しています。

昭島市のペット火葬で供養する