板橋区のペット火葬事情とは

スリーピング犬

ペットが亡くなった場合の火葬の対応については自治体によってかなりの違いがあることも事実です。

東京都板橋区のペット火葬の場合には、区役所のなかの清掃事務所が管轄しており、1頭の体重が25キログラム未満の犬や猫などの動物をいったん引き取って保管した上で、市が委託している会社に引き渡した上でペット火葬を行う流れとなっています。

ペットの遺体は清掃事務所において自宅まで引き取りにきますが、手数料として1頭あたり2700円が徴収されるほか、ペット火葬後にその遺骨が飼い主のもとに返還されることはありません。

清掃事務所は管轄区域が東西で分かれているため、飼い主が住んでいる地域によって、どちらの事務所に依頼をするかが異なります。

しかしペットの火葬を考えられている方には一般の家庭ごみなどを処理している清掃事務所に取り扱われることに違和感を覚える場合もめずらしくはありません。

ペットちゃんの生前には家族と同じように大切にしていた飼い主としては、ペットにもそれなり火葬という見送り方を求めるのは当然のことです。

そこで板橋区内にはペット火葬や霊園の管理を専門としている会社もみられますので、区役所を通さずに直接こうした民間の会社に依頼をするケースもよく見られます。

通常はご自身でプランを選択する事が出来ますので、予算と内容に応じて飼い主が決定することになりますが、火葬を簡素にしたい場合は自宅で引き渡しをしたあとの対応を一任して、ペット火葬からその後の合葬墓への埋葬や散骨などをしてもらうプランがあります。

多少費用がかさんでも責任をもって飼い主として火葬したい場合には、僧侶を招いてペット葬儀を行い、その後に専用のペット火葬場で荼毘に付した上で、やはり専用の霊園に遺骨を埋葬するプランを選択します。

なお板橋区の場合には、行政としてペット火葬場設置条例を制定している点がユニークです。

民間であってもそれらを開設するにあたっては近隣住民への説明会の開催や区長の許可が必要で、敷地にも垣根を設けるなど環境に配慮されたものでなければならないとされています。いずれにしても落ち着いた雰囲気のもとでペット火葬が出来る事はメリットです。

スリーピング犬